無料ブログはココログ

« 2012 夏・行ったぞタヒチ!(1) | トップページ | 2012 夏・行ったぞタヒチ!(3) »

2012 夏・行ったぞタヒチ!(2)

Day2 Aug-19 Sun. リゾート堪能!

2

目が覚めてカーテンを開けてみる。
目の前に、まばゆい海・水上コテージ・その向こうに山。
ひゃー、なんたる風景!とテンション上がるが、なんだか日が高いような。
ベッドに戻ると、目覚ましアラーム設定途中のiPhoneが床に落ちている。
am 10:00ちょっと前。うわ、もったいない!

Breakfastは10:30迄やっているようなので、まだ爆睡しているダンナを叩き起こし、レストランへ。
コテージから桟橋近くのレストラン迄のビーチ沿いの道、あまりのキレイさにびっくり。
昨日は暗くなってから歩いた道なので、こんなに素敵な景色が続いている事に感動する。
水上コテージのある風景は、やっぱり素敵だな。
すれ違うホテルのスタッフとは、イアオラナ~ ( Ia Orana = こんにちは ) って声をかけあう。
(ありがとう、の意の マルル~ ( Maururu ) とセットで、何度も使った)
宿泊者同士がすれ違うと、ボンジュール!ボンソワール!だ。

2_2
水上コテージの風景は、やっぱり素敵

2hotel_road
一番奥にあるヴィラから、ビーチ沿いに歩く


2hotel
ブーゲンビリア、キレイ。

2hotel_2
何だろう、知らない花。

2hotel_3
ものすごい健康パワーとものすごい味で有名な、ノニ。こんな姿してんだ〜。

2hotel_4
南国スイレン♩

2hotel_5
コンパクトなビーチだけど、配置考えられてるんだろうな。

レセプションのすぐ裏にある、Private Island内唯一のレストランもかなり開放的なポリネシアン調の造り。
結構みな遅くに朝食摂ってるんだな。
朝食はブッフェで、チーズやフルーツ、デザートなんかも豊富。
クサいチーズが結構好きな私は、どこでも山羊のチーズ&ドライフルーツの組み合わせが普通にあるのが嬉しかったなぁ。
フランス領だけに、パンは やたら美味しい。そして、バゲットはタダでたくさん出てくる。
具材をチョイスしてオムレツを焼いてもらう事もできる。
全部入れてもらいたかったから、「Everything, please!」で焼いてもらった。

お腹いっぱいになったら、レセプションでノリコさんに翌日の半日エコツアーとSPAの予約を入れてもらい、眺めの良いという丘に行ってみる。
丘の一番上まで、三段階で素敵なベンチが用意してある。
ここから見る夕日は素晴らしいそうで、ハネムーナー向けのロマンティックディナーという人気イベントにも使われているそう。
ここで夕日を見ながらシャンパンを傾け、桟橋近くの白砂ビーチにセットされたテーブルに移動してコースディナーを頂くんだそうだ。ポリネシアンダンスも目の前で踊ってもらえるらしい。
ロマンチックとはかけ離れている我々は、例えハネムーンで来ていたとしても申し込まなかっただろうな。
ノリコさんからこの説明を聞いたダンナは、自分達に置き換えて想像したらたまらなく恥ずかしくなってしまったらしく、滞在中この丘の事を「こっ恥ずかしの丘」と呼んでいた…。

皆が言うとおり、この丘からの景色は絶景!
対岸、ボラボラ本島のビーチにはいくつものリゾートが並び、一番左端には景色の良さで有名なマティラ岬とInterContinental Moana Resortの水上コテージが見える。
太陽の光と何種類もの海の青、水上コテージの景色が合わさって素晴らしい作品のようになっていて、それはそれは見事。
暑くて汗だくになりながらも、ずっと眺めていたい景色。
反対側を見ると、Private Islandの水上コテージとオテマヌ山の風景。こっちもいいなぁ。
他のリゾートホテルからシュノーケリングツアーで来るポイントもこの島の裏だそうで、近くにそれらしき船がいくつか集まっている。
ビーチハウスでカヌーを借りて島の周辺をまわるのが楽しみ!

2_3
こっぱずかし…もとい、ロマンチックな丘から眺める本島サイド。
見えている水上コテージはInterContinental Moana Resort, 左側が景勝地のマララ岬。


2sofitel
反対側を見ると、この島の水上コテージ。

<ホテルの外を散策>
まだお腹いっぱいだったし、陽射しが強くて帽子が欲しくなったので、対岸の本島に渡って ソフィテルのMarara Beachからマティラ岬に続くビーチを散策してみようか、という事に。
Sofitel Marara Beach Hotelの玄関から出て、島周回道路をマティラ岬方面へ歩き出す。
が…日差し強すぎ。早くも後悔が。
通りがかったスーパーで水を買い、(ホントは凍ったペットボトルとか欲しかったけど、氷系は業務用のデカいのしかない)、先ほどの親子連れが降りていったMaitai Resort の前を通り、ようやく InterContinental Moana Resortの端まで来たところでギブアップ。
丘から眺めた景色を思い出すと、そこから岬まではまだ距離があったように思えた為。
InterContinental Moana の向かい側のブティックで貝をあしらった素敵な麦わら帽子を見つけ、即購入。
CFP 2,800 物価の高いタヒチにあって良心的な値段だなぁ。ユーロ安のお陰なのか?

戻りは、周回道路ではなくビーチを辿る。
Sofitel Marara Beachの隣にあるMai Tai Resort, ここは子連れの多いリゾートだなぁ。日本人の姿は皆無だけど、家族連れにリーズナブルな値段なのかも。
他のリゾートホテルを冷やかして歩くのも楽しいもんだなぁ。
一眼レフ持参のダンナは、フォトジェニックな景色を見つけては嬉々として撮影に挑む。
それを待ちながらボーっと海を見つめる時間もまた楽しい。


2hotel_6
Sofitel Private Islandの桟橋。昨日は暗くて良く分からなかったんだけど、この周辺はキレイ!

2hotel_7
浅いとこにも、たくさん魚が。ボラ系…?

2hotel_boat
本島とPrivate Islandを結ぶSofitelのボート。朝から夜11時まで、毎日4回30分ずつの休憩時間を除いていつでも乗れます。
大体誰かが待ってるし、行っちゃった直後でもレセプションで Boat please, って言えばすぐ呼んでくれる。

2_4
結構充実したスーパー。

2_5
隣のマイタイリゾート。なんかキレイなビーチじゃない!?

2_6
マイタイリゾートの水上コテージ。家族連れ多し。ここもカジュアルでいいなぁ。

<さあ、シュノーケリング!>
ボートでPrivate Islandに戻り、周辺の海を楽しむ事に。
桟橋脇のビーチハウスで、カヌーとライフジャケット、フィンを借りて島周りを一周する予定。
部屋で用意をしながら夕べは暗くて周りが見えなかったサンデッキのジャグジー近辺に出たら、下に降りる石の階段に気付く。
マリンシューズを履いて降りてみたら…そこにはプライベートビーチが!
パラソルやテーブル&椅子、デッキチェアー、そしてカヌーにライフジャケットまでセッティングしてあった。
素晴らしいぞ スイートヴィラ!!!happy02

プライベートビーチから漕ぎ出してビーチハウスに寄ってフィンだけ借りる。
自分達のVillaのビーチ、水上コテージ、桟橋近辺の海は、浅いけれど魚もたくさんいて、とにかくキレイ。
水上コテージの脇を通ると、デッキチェアーでくつろいでいる外人さん達が手をふってくる。
島をぐるっと周り、裏側に行くと シュノーケリングツアーの船がいくつか停泊しているのが見える。
そのあたりで、まずはダンナがエントリー。
(どちらかがカヌーに残ってないと、流されていっちゃうので。)
彼も私も、水中OKのデジカメを持ってきているので写真取りまくり。
足のつく深さから4mくらいの深さだと思うけど、色とりどりの魚がたくさんいてキレイだった!
ここに一週間くらいずっと滞在でも良かったなぁって思う。
…金銭的に無理か。
でもね、ホテルと飛行機別々に個人手配したんだけど、総額は水上コテージ利用のツアーよりも安かったんだよね。
頻繁に来れるような所じゃないけれど、早めに日付さえ決めて不要な条件をしぼれば、思ってたほど高額な場所では無いような気もするよ。
もちろんハワイみたいな価格は無理だろうけど。

2_11
サンデッキのジャグジー

2private_beach
プライベートビーチ!

21
水上コテージの脇を抜けていきます

2_8
カヌー流されちゃうから、どっちかがカヌーでお留守番

22


23


24
魚、いっぱい!

2_9
この周辺には、他のリゾートからわざわざシュノーケリングツアーのボートが来る

25


26

28
誰かが底に書いた文字。

<極上SPA>
プライベートビーチに戻ってシャワーを浴び、ジャグジーに直行!
暖かくて気持ちいい~。
のんびり浸かっていたいところだったけど、予約したSPAの時間も迫っていたので、私が先にあがってシャワーを浴び、SPAのあるVillaへ。
こちらに来て存在を知った、モノイオイル。
ココナッツオイルにティアレの花を抽出させたもので、エステに保湿にリンス代わりに、何にでも使うみたい。
香りも開け放したドアから見える海の景色もポリネシアン音楽も素敵なフランス人エスティシャンの施術も素晴らしく、極上の時間。
後半、爆睡しちゃった、もったいない。
ダンナと交代し、丁度夕焼けの時間だったので丘に上がってみる。

ベンチは既に全てカップルに占領されており、皆さんロマンティックなことになっている。
外人さん達って絵になるから素敵ね。
確かにこの丘からの夕日も素敵な光景だった~。

2_10

さて、dinnerのレストランの予約をしないと。
部屋に戻ったら、カードを通してもキーが反応しない。あれれ?
向きが違うのかと何度通しても反応無し。磁気が消えた模様。
レセプションまで戻り、チェックし入れなおしてもらう。
改めて部屋に戻り、ふと気付くと 玄関にウチの苗字が入った看板がかかっていた。
うわー、こんな事までしてもらってる!とビックリ。
昨夜、眠くて目を通さなかったホテル内の案内書きのファイルを開いてみたら…全部フランス語。分からん

結局、朝ゴハンを食べたPrivate Island内のレストランでもコースディナーを頂けるそうなので、予約しないでそちらに出向く。
ダンナはステーキを、私はマヒマヒ(白身魚)のマンゴーソースがけを。
正直、マンゴーソースって…って思ったけど、めちゃ美味しい。
この年になってもフランス料理ってほとんど食べた事無いんだけど、ソースのレベルの高さにビックリするなぁ。
デザートのチーズもケーキも美味しくて、堪能しました。

昨夜のような星空を見られるかと期待したけど、雲が多くてあまり見えず残念。
明日はエコツアーの集合が9時半なので、きちっと目覚ましをセットしたうえで、おやすみなさい☆

〜Day 3に続く〜

« 2012 夏・行ったぞタヒチ!(1) | トップページ | 2012 夏・行ったぞタヒチ!(3) »

2012年 夏 タヒチ(ボラボラ&モーレア)」カテゴリの記事

コメント

タヒチいいですね!
海もすごい綺麗ですね~♪
水中の写真きれいに撮れてますね♪どんなカメラで撮られたんですか?

ありがとうございます〜。
水中写真は、デジカメの水中モードで撮りました。
最近はデジカメも、5m位までなら水中写真が撮れる安いタイプが出ているのですよね。
ダイビングには無理ですが、シュノーケルくらいなら大丈夫なので買ってしまいましたhappy01

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/176957/55576264

この記事へのトラックバック一覧です: 2012 夏・行ったぞタヒチ!(2):

« 2012 夏・行ったぞタヒチ!(1) | トップページ | 2012 夏・行ったぞタヒチ!(3) »

2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

Tweet