無料ブログはココログ

« 2012 夏・行ったぞタヒチ!(5) | トップページ | 2012 夏・行ったぞタヒチ!(7) »

2012 夏・行ったぞタヒチ!(6)

Day 6 Aug-23Thu.
〜モーレア島ドライブ〜

6top

実質、今回の旅行の最終日。
明け方にトイレに行きたくて目が覚めたついでに、サンデッキに出てみたら見事な朝焼け。
ふと頭上を見ると、初めて見覚えのある星座が目に入る。オリオン座だ!
そうか、南半球は冬なんだもんね。
今日は朝ごはんは昨夜食べきれなかった食材で済ませる事に。
食器を食洗機にかけ、荷造りをし、10時のチェックアウト。もっと滞在したかったな〜。


61


62
朝焼けは、いつまでも見ていたいカンジ。

<ベルベデール>
タヒチ島に戻る船は予約不要なので、のんびりモーレア島をドライブする事に。
まずはモーレア島の景勝地として有名な展望台、ベルベデールへ行ってみる事に。湾の奥から山道を登るらしい。蛇行する道を走るが、道、狭っ!
シトロエンの小型車でも、センターラインからはみ出さないように走ったら、崖から落ちそうな狭さだ。
途中、同じ場所を目指すと思われるバギーのツアー一行と出会う。これ、楽しそうだなぁ。
ベルベデールは、二つの湾を一望に出来る展望台で、険しい山に囲まれ神秘的且つワイルドな雰囲気に溢れる場所だった。
風に吹かれながら流れる雲や山、湾を眺めているのは気持ちいい。

62_2
バギーのツアー、面白そう。


63
両湾が一望。

<タヒチ・アロマ&InterContinental Moorea>
SPAですっかりモノイオイルの魅力にとりつかれた私達。どこのスーパーでも、モノイオイルは安く売られていたのだが、SPAで使われていた人口っぽい香りがあまりしないオイルが気に入っていた。
ガイドブックに、タマヌオイルの製造&販売所がモーレアにある事を知り、タマヌオイルがあるならモノイオイルも作ってるのでは?と思い、タヒチ・アロマという店に行ってみた。
あれ、私達の泊まったホテルのすぐ近く。最初にここに寄れば良かった。
小さな看板を見つけ、中に入ると工場っぽい。
外を歩いていたおじさんが、手招きして奥の小屋に入れてくれた。そこが販売所のようだ。
こじんまりしたスペースに、薬としてよく使われるというタマヌオイル、そして純度の高そうなモノイオイルやノニ製品が並んでいる。
100mlくらい入っているモノイオイルがCFP700弱、それより一回り小さい容器に入っているのがCFP400前後だったので、女子へのお土産はこれだ!と即決。我が家用にも、大きいのを2本Get.
タマヌオイルも興味があったが、結構個性的な匂いが鼻をつくので、タマヌオイル入りの石けんCFP200を買ってみた。
宿泊ホテルの真下にあったInterContinental はイルカと触れ合えるプログラムが人気で、参加者以外も外から眺められると聞いたので立ち寄ってみた。
広い敷地〜。巨大リゾートらしく、設計がステキ。
こういうホテルに泊まるのもアリだね、って話をしながら歩く。しかし暑い!
ようやくイルカのラグーンに到着。ハネムーナー向けのプログラムらしく、4組程のハネムーナーとトレーナーがイルカを囲んでいる。
しっかしトレーナーの話、長い!
参加者達は、イルカに触れたり、キスしたり。
最後の方でイルカのジャンプを数回見る事が出来た。高いんだろうなぁ、これ参加したら。
イルカと一緒に泳げるようなプログラムの方が魅力的だね、って話しながらリゾート内を散歩。

64_interconti
沖縄でもよく見るよね。花に溢れたリゾート。

65_interconti
ビーチのレイアウトも素敵

66interconti
宿泊していた高台のホテルから見えていたラグーン

67_interconti_dolphine
イルカのプログラムを見学


お昼近くなってきたので、そろそろ港方面に戻りながら店を探そう、という事に。
ガイドブックを見ていたら、Sofitelホテル近辺のテマエという公共ビーチがかなりキレイだという情報が。このビーチ近辺のカフェで食事しようか、と車で行ってみた。
木陰に車を止め、ビーチに行ってみたら、言葉を呑むような絶景が広がっていた。なにこのキレイな海!!
さっきまでの印象では、海のキレイさで言えばボラボラ、山や花、湾の神秘的な風景で言えばモーレア…という感じだったのだけど、モーレア島の海ってこんなにキレイだったのか…と改めて驚き。
ビーチの右側奥には、ソフィテルの水上コテージが。あそこに泊まれたらすごく素敵だろうなぁ。
モーレアのホテル探した時には既に満室だったのが分かる気がする。
近辺には適当なカフェを見つけられなかったので、お店が集まっているエリアで車がたくさん停まっていたル・マホガニーという店に入ってみた。
観光客に人気らしく、Japanese?と聞かれたと思ったら、日本語併記のメニューが出て来た。わぁ、モーレア島で初めて日本語と接した!
ダンナはステーキ、私はチャオメン(炒麺)を頼んだら…思ったとおり、すんごい分量で出て来たw
でも、たいらげちゃうんだよね〜。
ダンナはさっきのビーチで泳ぎたいというので、フランスパンは魚のエサ用に頂いていく。
さて、先ほどと同じビーチに行ったのだが…
同じ場所に車を停めて、ドアを開けたらおびただしい数の蚊の襲撃!
虫除けスプレーをお互いの全身にかけるが、ヨロヨロしながらも肌に止まろうとする蚊、怖すぎる。
車の中にも何匹か入ってしまったので、車中にスプレーしてドア閉めたら、何匹もヨロヨロしながら落ちて行った。ひー。
ビーチに行っても、ひっきりなしに蚊がやって来る。
地元の人達も、全身バチバチ叩いてた。
ダンナが泳いでいる間、私はのんびり浜辺で読書…のつもりだったんだけど、次から次へと蚊がやってくるので、んもー!!!って感じで不機嫌になってきた。
午前と午後でこんなに状況が変わるのか…びっくり。

6top_2
こんなキレイなビーチがあったなんて♩

610_temae
ヤシの木のレイアウトも素敵

611_toatea
島周回道路から、テマエビーチ一帯を臨める。トアテアのview point。水上コテージは、ソフィテル。

611
ル・マホガニーの食事。大量!ダンナはうっかりライスまで頼んでしまった…


レンタカーを返却し、夕方のフェリーで、タヒチ島へ戻る。帰りは高速船だ。確かに来た時のフェリーより速いし、客室も快適。同じ値段ならこっちに乗るよね。
待合室には日本人の姿もたくさん。こんなにたくさんの日本人、どこにいたんだ?
日本へのフライトが明日の早朝だから、私達みたいにぎりぎりまでモーレアにいて、前泊の為だけにタヒチ島に移動するって人が多いんだろうなぁ。
パペーテのフェリー乗り場から、タクシーで宿泊ホテルのマナヴァスイートホテルへ。
ここは下調べした時、各種ツアーのタヒチ滞在ホテルにも選ばれてたから、日本人多そうだなぁ。
果たして、あちこちに日本人の姿がたくさん。
このホテルは、インフィニティプールが大きくて24時間使えるそうな。夜中に泳ぐ気はしないけどさ。
実際、明日は早朝のフライトなので宿泊のみ。
でも部屋は結構スタイリッシュで、プールからの景色もなかなかのもの。到着時には夕焼けも終わりかけの時間で、なんだかもったいない事したな。
もう一日あれば、明日中ホテルの中でのんびりするのも楽しかっただろうになぁ。
だいたい、ボラボラに3泊、モーレアに2泊、タヒチに1泊しか泊まれないのだから仕方ないのだが。
もったいないよなぁ。
晩ご飯は、ホテルのレストランで…と思ったのだけど、お昼遅かったしかなりの量だったので、そんなにお腹すかない。
バーで軽くなにか食べよう、とレストランに併設されているバーに行ってみた。
ドリンクのメニューしか無かったけど、何か軽いfood menuある?って聞いたら、「タパスのメニューがあるよ」とおつまみメニューを持って来てくれた。揚げ団子とか、チーズの盛り合わせとか。これで十分!
このホテルはロビー近辺でwi-fi 使い放題というので、快適なソファでネットサーフィンなど。
そのうち眠くなって来たので、明日は4時チェックアウトというのもあるので早めに就寝することに。
あとは帰るだけか〜。
楽しかったな、フレンチポリネシア。
〜最終日に続く〜

612_hotel
最終日の宿泊ホテル、マナヴァスイートタヒチのインフィニティプールから見た夕焼け。

« 2012 夏・行ったぞタヒチ!(5) | トップページ | 2012 夏・行ったぞタヒチ!(7) »

2012年 夏 タヒチ(ボラボラ&モーレア)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/176957/55679932

この記事へのトラックバック一覧です: 2012 夏・行ったぞタヒチ!(6):

« 2012 夏・行ったぞタヒチ!(5) | トップページ | 2012 夏・行ったぞタヒチ!(7) »

2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

Tweet