無料ブログはココログ

日本ブログ村

フォト

« 2017年4月 | トップページ

2017年6月

2017年6月20日 (火)

20170428-0504 宮古島(&多良間島)/ 沖縄本島(&瀬長島)~②プレミアムサービスの快適さときたら!

***羽田宮古直行便 プレミアムシート利用***
 
ANA国内線のプレミアムシート利用自体は初めてではない。
もう何年も前から預金したつもりで株主になっており、年に2回送ってこられる株主優待チケットでプレミアムシートを利用してきた。
でも、那覇―>羽田便でしか使った事がない。
那覇空港では荷物を預ける時は優先レーン使えるけど、保安検査場は通常のお客さんと一緒だからいつも相当並んで待つ。
そして那覇空港のANAラウンジはクレジットカードのラウンジよりは快適だけど、利用客多くて時々空席を探すのが大変、という事も。
それでもエコノミー席との差は大きいなあ、ありがたいなあと思いながら使ってきた訳で。
で、今回初めて羽田空港発のフライトでプレミアムシートを利用。どのくらいサービスが違うものなのか?と予約した時から楽しみにしてきた。
 
***初めての「プレミアムチェックイン」***
 
4月28日(金)
自宅を午前9時頃に車で出て、羽田に到着したのが10時前。駐車場にもすんなり車を停め、連絡通路を通って出発ロビーへ。
(どうでもいいネタだけど、この駐車場との連絡通路、有名人とのすれ違い率けっこう高い。今回も元力士とすれ違う。)
出発ロビー、一般的なGW突入の前日だから割とすいているカンジ。出張の皆さんの出発ピークの時間も過ぎたんだろうしなぁ。
さてさて、何度も来ている出発ロビーだけど、「プレミアムチェックイン」は初めて。
よく使うCの保安検査場入口と自動手荷物預けカウンターの間のに、「ANA Premium CHECK-IN」と書かれた自動ドアの入口が。
ここか?ここに入ればいいのか?
いや待てよ、ここはチェックイン&保安検査場で、手荷物だけは手前のカウンターで預けなくてはいけないのではないか?などと一瞬躊躇。
手荷物預けカウンター近辺で案内をしていたスタッフの方に聞いてみたところ、「お荷物も一緒に預けられますので中へどうぞ」とのこと。
安心してトロリーを引きながら自動ドアへ。
 
中は小部屋のようなスペースになっていて、振り向くとチェックイン&手荷物預けカウンターが。窓口3つくらいか。
並ぶこともなく、あっという間にチェックインと荷物預けが完了。
小部屋の奥の壁側が専用の保安検査レーン(2本ほど)になっていて、ここでも並ぶことなくあっという間に保安検査完了して63番ゲートのあたりに出た。
自動ドアくぐってからまだ5分前後。早っ!!!
 
***そして羽田空港のANAラウンジ初潜入***
 
いつも羽田では、保安検査を抜けたら搭乗口に近い側のクレジットカード会員用ラウンジに向かうのだけど、今日はANAラウンジが使える。
ANAラウンジの入口は、プレミアムチェックインで保安検査を抜けたすぐのところにあった。
エスカレーターで1階分上に上がると、そこが ANAラウンジ だった。(出発ロビーが2Fにあたるから、このラウンジは3Fってことね。)
ちなみにエスカレーターは更に上の階にも続いており、4F は より上級のANA SUITEラウンジ とのこと。
 
いざ入ってみる。
受付も、まず那覇のANAラウンジとは全く違うゴージャス感。っていうか、広い。スタッフの数も違う。
で、中に入ってみた。
なんだこの広さ~!!!
 
そりゃね、羽田を出発するフライトの本数&利用客数を考えたら那覇空港と比べるのがおかしいと思うけど、それにしても驚くほどの広々感だよ。天井も高いのかな。
そして窓が大きい。駐機場を見下ろせる窓が、何メートル?ラウンジの長い横幅いっぱい。
窓の外を見ながらのんびりできる席あり、カウンター有り、PC席あり、ソファ席有り・・でバラエティ豊かに選び放題。
ダンナ、私以上に「プレミアムチェックイン&専用保安検査&ANAラウンジ」の快適さに魅了された模様。
「修行しろっ、修行!今年っ!!!」と。
あ、やっぱり、そうきた?
coldsweats01
でもねー、やっぱりそうだよね。
今後エコノミー席のフライトの旅をしてもこのサービスが受けられるんだから、やっぱりSFCってすごいよねぇ。
 
今まで那覇空港でしかプレミアムサービスを享受したことが無かった私。
このブログ立ち上げた数ヶ月前には、「そもそも、SFC要るのか?」って感覚だったけど。
「欲しい!!!」にマインドが変わった瞬間でありました。
 
***当然ながら、機内の過ごし方も快適***
 
ぎりぎりまでラウンジでのんびりしてたら、搭乗口に着いた時には既に一般搭乗になっていて長い列。(これ、那覇でもよくあるケースxxx)
今回、1Aの席を確保したので車窓の風景が楽しくて。
ドアの閉開の様子やボーディングブリッジが脱着するとこなんかも子供みたいにガン見。
飛行機好きにはたまらん。
そしてゆったりした座席はやはり最高。
那覇よりちょっと搭乗時間の長い(2時間半を超える)石垣島や宮古島に行く時って、エコノミーだとちょっとカラダ的に辛いのだよね。
ほんの30分ちょいの差なんだけど。
お食事やドリンクのサービスや質も魅力的なんだけど、個人的にはお手洗いに立つのが楽、っていうのがポイント高いなあ。
席を立つのも楽だし、利用対象者が少ないから空き率高いし。
 
***荷物もすぐに受け取れる***

で、宮古島空港に到着。
久々だー、このローカル感漂う空港。
近代的になる前の石垣島空港を思い出すなあ。
 
そして300人以上が搭乗していたフライトでの優先手荷物ピックアップは爽快!
荷物台が廻り始めてわりとすぐに荷物が出てくるって、せっかちなダンナにとってとても嬉しいメリットらしい。
(まあ、結局ホテルのシャトルバスを予約した人全員が荷物ピックアップして出てくるまでロビーで待たされたんだけど。)
 
今回の旅のmain topicsの一つであった、羽田発のプレミアムサービス体験。
期待以上にて、満喫。
〜旅行記⓷に続く〜

2017年6月18日 (日)

20170428-0504 宮古島(&多良間島)/ 沖縄本島(&瀬長島)~ ① プロローグ ~

GW直前に3本ばかり記事を書いたあと、1ヶ月半も空いてしまいました。

SFC取得を頭の隅に入れてから初めての沖縄旅、いつもとまた違う見方ができて面白かった!
そう、3年前に三線を始めてから初めて沖縄に行ったら、何度も訪れてた沖縄を全く違う角度で見られて新鮮だったのと同じように。
何度も使っていた空港が、飛行機が、全く違う角度で見えて。
このブログに手をつけた時は、SFC取得チャレンジするとしても来年かなあって思ってたけど、帰ってきたら・・今年中のチャレンジも有りかも?って思っている自分にびっくり。
いやー、面白いわ。
って事で、かなり経ってしまったけど、忘れないうちに旅行記アップいたしましょう。


*** ****

2017年SFC修行の第一回目・・を兼ねる結果となるのかも。

もう結婚以来20年強、毎年数回は沖縄に夫婦でお出かけ。
その流れの中でBEGINにハマる -> 三線にハマる -> 沖縄ポップス&八重山民謡にハマる->舞踊にもハマる -> 沖縄つながりの知り合いも芋づる式に増え 沖縄に行く目的や用事もどんどん増えた。
飽きるどころか普段の生活の中でも沖縄モードの占める割合が増えてるし、今後もこのペースは減らないだろうな。
「訪れたい離島」もどんどん出現するし。

で、今年のGW
久々に宮古島に行く事に決定。 今年の2月3月の期間、且つてなかった程のストレスフルな事態に見舞われたので、今年のGWの旅行ではお金かかってものんびりゆったりしようと決意。
いつもは民宿やビジネスホテルをメインに組むのだけど、今回は快適なリゾート系ホテルを中心に組んでみたのでした。
そして、初めての「往復ともにプレミアムシート」!
今までプレミアム席は復路にしか利用した事がなかったので、今回初めて羽田空港でプレミアムチェックイン&羽田ANAラウンジを体験することに。
なんかこれが今回の旅の最大の楽しみだったりしたなあ、旅行までのカウントダウンの間。
そして、その素晴らしさは期待以上だったのでした。
〜旅行記②に続く〜

« 2017年4月 | トップページ