無料ブログはココログ

日本ブログ村

フォト

« 20170428-0504 宮古島(&多良間島)/ 沖縄本島(&瀬長島)~⓷宮古島Stay | トップページ | 20170428-0504 宮古島(&多良間島)/ 沖縄本島(&瀬長島)~⑤最後は瀬長島に泊まって那覇遊び »

2017年7月 8日 (土)

20170428-0504 宮古島(&多良間島)/ 沖縄本島(&瀬長島)~④多良間島初上陸

***宮古島。リゾートエリアから平良タウンへ移動して一泊***
リゾートホテルで3泊、のんびりGWを満喫。
宮古島の最終夜は、レンタカーを返却して平良の街に移動し、ビジネスホテルに一泊。
翌朝のフェリーで多良間島に行く予定だったので。
 
宮古島あたりは特に、お天気によって受ける印象がガラリと変わる。
GWの頃の沖縄って梅雨入り間近でお天気ビミョーな事が多いので、宮古島stayの間の晴天続きは本当にありがたかった。
しかし多良間に向かう予定の5/2は先島諸島エリア、大雨の予報。
日帰りの予定だし、当日の朝の状態で行くか行かないか決めることにした。
 
飲み屋街に出かけたけど、観光客&GWで里帰りしている地元の人達の集まりでどの店もいっぱい!
勢いあるなあ、宮古島。
じゃあ部屋で軽く済ませるか、ということでA&Wやコンビニでお気に入りメニューとオリオンビールを買い込む。
メインの交差点には、石垣島にもある有名な民謡ライブ居酒屋チチェーンの「うさぎや」が出来てた。近隣には、その姉妹店も。
開発されてるなあ、宮古島。
ホントはせっかく宮古島に来てるんだから、宮古の民謡居酒屋に行きたかったけどね。
ダンナがあまり乗り気でないので、ここは我慢。
 
***宮古島第一ホテル。コスパ高し!***
宿泊した宮古島第一ホテルは格安で、建物は古いけどコスパ十分だった。
お部屋は9階、窓からは明日のフェリーが出向する平良港も見渡せる。
トイレ&ユニットバスのドアと部屋の間にはかなりの段差があって、足腰の悪いお年寄りにはキツイのではないかというカンジ。
私達はまだ大丈夫だけど、夜中に寝ぼけてトイレに行ったら出るときにバランス崩して転倒する人いるかも・・ってちょっと思った。
バリアフリーって重要よね。
ビジネスホテルだけどベッドは快適で良く寝られた。
夜中、急にエアコンの稼動音が大きくなって起こされたけど、まあ、ご愛嬌。
 
7時起床。
窓の外見ると、厚い雲&小雨の天気。ありゃりゃ。
ダンナ曰く、明け方にトイレに起きた時、バケツひっくり返したような大雨&すごい雷で、部屋の中がピカピカ光ってたって。
えー、それ、全然気付かなかった。
どんだけ爆睡してたんだ、ワタシ。
 
ホテル1階のスナックのようなお店でビュッフェの朝ごはん。
ビジネスホテルの朝ブッフェにしては盛りだくさん。沖縄系のお惣菜が多くて、生卵もある。
卵かけご飯大好きなダンナにはポイント高し。
生卵出してるホテルって、そう多くはないんだよね。
あと、このホテル、スタッフの数は少ないけどカンジ良かった。
9階で部屋呑みしてた時、氷を取りにエレベーターに乗ったら1階に向かうスタッフの方と同乗。
私は先に7階で降りて製氷室に向かったんだけど、氷を確保してエレベータに戻ったら、ちゃんと7階にエレベーターが来てた。
ホテルの教育というより人によるのだろうけど、こういう気配りが感じられる瞬間って、嬉しいよね。
私も見習おう。
***いざ、多良間島へ!***
8時半にチェックアウトし、歩いて港へ。
相当歩くかなと思ったけど、10分ほどでチケット売り場に。
「フェリーたらまゆう」のチケットを買う。
離島好きの私にとって、フェリーターミナルって空港に負けないくらいテンション上がる場所。
ドン曇りのお天気は、ひたすら残念ですが。まあ、今回は下見?だから。
 
ずっと行きたかった島のひとつ、多良間島。
いつも離島旅の時は民宿に一泊するのですが、今回はずっとお天気が不安だったので、様子見という事で日帰りを選択していました。
行程も、当日「行かない or 行けない」場合を考えキャンセルしやすいように以下の内容で組んでおり。
*往路:フェリーにて。(予約不要)9時出航、11時着
*送迎付きのレンタカー、前日に電話予約済み。当日の朝のフェリーに乗ったら、改めて電話するよう言われる。(これ、離島じゃよくあるシステム)
*復路:この日は沖縄本島に向かう予定なので、帰りは空路を選択していた。 多良間→宮古経由→那覇、のチケットを購入。
昔からチーム青組の私ですが、小さな離島はJAL系のRACしか飛んでないパターンが多いのですよね、残念ながら。
当然多良間島も、宮古とを結ぶRACしか飛んでない・・ので、本来宮古から那覇はANA系を予約するのだけど、乗継の便を考えてJAL系で通して予約した。
まあ、距離短いからいっか、と思って。
多良間->宮古のRAC分は普通運賃しか無かったけど、万が一多良間に渡らない(往路のフェリー欠航とか、やっぱ行くのやめる!とかにした)場合も、ペナルティ無しでキャンセルできるから良しとしたのでした。
       RAC 多良間16:00 – 宮古16:35 普通運賃
       JTA  宮古17:00 – 那覇18:00  先得運賃
 
もうずいぶん昔から、石垣島行きのフライトで、間もなく到着だなーって期待感と共に海上を見下ろした時に見える、丸くてぺったんこの島が気になってました。
多良間島は、宮古島と石垣島の中間に位置してるけど、むしろ石垣に近いような気がする。
昔は石垣からの航路もあったとか。
そして宮古島には「ぽうちゃたつや」っていう大好きなお店があるんだけど(ここも有名になっちゃって予約とりにくくなってしまった・・)、そこのカウンター席で大将とヤギ汁についておしゃべりしてた時に「美味しいヤギ汁が食べたかったら多良間に行くといいよ」って言われたのが記憶に残ってた。
大将が多良間島出身らしいんだけど。こんな美味しい料理作る人が勧めるんだから美味しいんだろうなあって。
またある時、お気に入りの沖縄写真家さんの作品を見ていたら「水納島」(みんなじま。沖縄本島近くにも同じ名前の島があるね。)っていうめちゃキレイな島の存在を知り、そこに行くには多良間島からチャーター船に乗る必要がある、って知った。
いつか行ってみたいなーと思っていた多良間島。
今回久々に宮古島に行く機会があったので、是非行ってみたいと思って組み込んだ次第。
さて、フェリーたらまゆう。
ザ・沖縄の船。乗り込んだら鳥肌たつくらいエアコンガンガン。
薄いカーディガンくらいじゃ太刀打ちできず、くつ下を履いて備え付けの毛布にくるまる。
本島から慶良間に行くフェリーも同じだけど、出航当時はTVがついててにぎやかなんだけど、しばらくすると電波届かなくて映らなくなるのもお約束。
デッキに出てレンタカー店に「予定通り乗りましたよー」の電話をし、ついでに散策。ほとんどのお客さん、寝てる。
ピンダアース大会、行ってみたいなー。
八月踊りも興味あるなあ。
 
窓の外は、打ち付ける波しぶき。
・・いや、雨?
多良間港に着いたら結構な雨だったのでした。
Photo
フェリーも高速船も大好き。
Photo_2
ヤギの大会があるらしいよ
Photo_3
椅子席だけじゃなく、横になれる和室も有り。
Photo_4
アジアには違いないが。気温とかおかしくないか、私のiPhone?
***多良間島、初上陸!***
フェリーターミナルにお迎えに来てくれたのは、民宿宮国のご主人。
貸してくれる軽自動車で迎えに来て、集落のまで運転しながら説明してくれて、民宿宮国の前で運転交代、引渡し。
地図をもらって、ぐるっと道路を走る。
牧草地が多い。
牛がいて、ヤギがいて、フクギ並木があって。
ビーチがいっぱいあって。
・・しかし、雨。車から降りたくない・・。
ううう。こういう小さな島は、晴れていたらば景色がご馳走なんだけど。
原チャリか自転車借りてのんびり島をまわって、写真撮って、ビーチで昼寝して・・って過ごし方したら最高の島だよ、ここ。
Photo_5
ヤギは、あちこちに。
Photo_6
牛も、あちこちに。
Photo_7
視線がついてくる。
Photo_8
高い塔から。ああ、やっぱりぺったんこの島なんだなあ。
Photo_9
島周回道路。フクギと、アダンが目立つ。
 
帰りは、民宿のお客さん2名と一緒に空港に送ってもらう。
釣りが好きでよく来ているんだとか。
今度は夏に泊まりでおいで。興味があればヤシガニ捕りや釣りに連れてくよーって話で大盛り上がり。
行く行く、今度は泊まりでね。
 
***復路は航路で。久々のプロペラ機***
釣りのお客さん、いつもは宮古に帰って泊まるか宮古直行便で東京に帰るんだけど、今回は我々と同じ 宮古乗継で那覇に行くんだとか。
JALの上級ステイタス持ちのようで、優先搭乗の案内と共にスッと立ち上がって行く。
 
久々に乗るRAC便のプロペラ機。
尾翼に描かれたシーサーが可愛くて好きだったんだけど、写真撮ろうと思ったら新しい機種に変わってた!
えー、ちょっと残念。
Photo_10
多良間空港前に、まもる君発見
Rac
シーサーデザインのRACじゃなかった〜
Tarama_2
最後まで雨、残念。それでも海は青い、宮古ブルーの底力よ。


あっという間に乗り継ぎの宮古島空港に到着。当然沖止めなので、歩いてターミナルに入るのですが・・
誘導されたドアから建物に入ったら、そこは荷物のピックアップエリア。
あれ?ここから乗継ってできるの?
係の人に聞こう・・と思って制服来てる人に目を留めたら、先に建物に入っていた釣り人さんが抗議をしている模様。
乗継の人は、誘導先が違うのに宮古で降りる人達と同様に案内されてしまっていたらしい。当然我々も。
もう、一旦ここに入ってしまったら戻れないので、申し訳ありませんが一旦到着ロビーに出て、また保安検査受けて入りなおしてください、と。
ええーーーー。
宮古島空港の保安検査は、明日から連休というお日柄もあり人が多いので、結構な行列が出来ている。
まあ、我々よりもJALの上級会員の釣り人さんの方が「なんだよー」感を強く感じているんだろうなぁ。
今度行ったら、建物に入る前に「乗継なんだけど!」って言えばいいのね。
覚えておこう。
 
また来るよ、多良間島。
〜⑤に続く〜

« 20170428-0504 宮古島(&多良間島)/ 沖縄本島(&瀬長島)~⓷宮古島Stay | トップページ | 20170428-0504 宮古島(&多良間島)/ 沖縄本島(&瀬長島)~⑤最後は瀬長島に泊まって那覇遊び »

2017 年GW宮古島旅行記」カテゴリの記事

旅行記」カテゴリの記事

沖縄」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 20170428-0504 宮古島(&多良間島)/ 沖縄本島(&瀬長島)~⓷宮古島Stay | トップページ | 20170428-0504 宮古島(&多良間島)/ 沖縄本島(&瀬長島)~⑤最後は瀬長島に泊まって那覇遊び »

最近のトラックバック

最近のコメント

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31