無料ブログはココログ

日本ブログ村

フォト

« 20170428-0504 宮古島(&多良間島)/ 沖縄本島(&瀬長島)~②プレミアムサービスの快適さときたら! | トップページ | 20170428-0504 宮古島(&多良間島)/ 沖縄本島(&瀬長島)~④多良間島初上陸 »

2017年7月 2日 (日)

20170428-0504 宮古島(&多良間島)/ 沖縄本島(&瀬長島)~⓷宮古島Stay

***東急リゾート(Apr28-May01)***
 
宮古島visitは4回目。
5年に1度、くらいのペースだろか。
この20年強の間に沖縄の離島には相当数行ってるけど、「宮古ブルー」の美しさは群を抜いていて、時々行きたくなるのです。
素朴な雰囲気も好きなのかな。
宮古島の平良港からフェリーですぐ行けた「伊良部島」&「下地島」が特に好きだったのだけど、去年宮古島からその島々に長い橋がかかって車で行けるように。
それもあってか、直行便も増え 宮古島は最近人気がとても高い模様。
「GW期間の宮古島のホテル」の宿泊料、どこも相場が上がっててびっくりしたー!
このホテルこんなに高かったっけ!?ってお値段がずらり。人気あるんだなあ。
でもまあ、このGW旅を計画していた頃はかなりしんどかったので、「高くてもホテルでのんびりしよう」と決め、宮古島リゾートを選んだのでした。
「東洋一の美しさ」と称された前浜ビーチ沿いに建つ大型ホテル。
滞在中、晴れた際の日の差し方でグラデーションが変わる海のきれいさ、なんど見ても飽きなかった。
よく手入れされた庭にはたくさんの蝶や鳥が来ていて、大半の時間をビーチやプールでのんびり。
(有名な観光名所の大半にはもう行っていたので、出かけたのは特にお気に入りの場所ばかり)
夕日と星空が素晴らしい!
ホテルから歩いていけるところに居酒屋とか軽食の取れる店があったらいいのにと思う事はあったけど、まあレンタカーもあったので不便は無かったかな。
施設内にコンビニもあったしね。
朝食は2ヶ所で食べられて、和食店はかまどで炊きたてのご飯を出してくれるんだけど、そのご飯がめちゃくちゃ美味しかった。
この和食レストランでは最終日の夜に沖縄料理食べたのだけど、三線弾きながら唄う人がフロアまわってた。
せっかくだから宮古島民謡聴きたいなあって思ってたのだけど、スタンダードな沖縄ポップス&本島中心の民謡系だった。
そりゃそうよね。
民謡聴いてたら、無性に三線の練習したくなった。
旅行や野外のイベントの時に気楽に持ち運べるような廉価なタイプ、ひとつ買おうかな。
Photo
庭が広々してて散策が気持ちいい。沖縄の草木、鳥、蝶、たくさん。
Photo_2
ずっとこのプール周辺でのんびりしておりましたー。快適。
Photo_3
蝶はもう、いろんなのが、たっくさん。
Photo_4
お天気がいいとサイコーに綺麗なホテル前の前浜ビーチ。
***伊良部島&下地島***
 
宮古島到着の翌日にレンタカーを借りて、一年ほど前に橋でつながった伊良部島・下地島にドライブ。
伊良部島に宿泊し、周辺の海がキレイで絶句したのは10年以上前だったか。
伊良部島の「渡口の浜」の砂の美しさ、そして飛行機のタッチ&ゴーの訓練場だった下地島空港周辺のさんご礁の海の美しさは未だ健在なのだろうか?
 
長い長~い伊良部大橋、客船もくぐれるように途中ですごいアップダウンがある。
自転車で渡ろうとしてる人もいるよ、すごいな。真夏だったら死んじゃいそうだな。
天気が良くて、海の青のグラデーションが美しくて息を呑む。これだよ、これが宮古ブルー。
橋を渡り終わって伊良部島に入ると、真正面に「宮古まもる君人形」が。さすが新品、ツヤツヤしてる。
宮古島のあちこちに立ってる警官の格好をした「宮古まもる」君は、数年前にブレイクしたとかで、初めて来た時に比べて数が増えてる!
レンタカー屋でもらった地図には、まもる君の所在地を示す位置がマークしてあったよ。
初めて宮古島に来た年、夕暮れの道を町から離れたホテルに向かって向かって走っていたら、サトウキビ畑の交差点に立ってるまもる君がいきなり視界に現れて急ブレーキ踏んだの覚えてるなぁ。
 
Photo_5
新名所、伊良部島大橋です。以前はフェリーで渡ったなあ。
Photo_6
噂の宮古まもる君。(この写真は宮古島市街で撮ったやつね)
まずは渡口の浜へ。
橋を渡りきったら、左折して周回道路を時計回りに進む。
美しい海に面した道、たくさんの白壁の建物が建設中。おしゃれカフェとかペンションとかプチホテルとか、なんだろうね。景観最高だもんなあ。
 
まもなく到着した渡口の浜は相変わらず美しい。そしてサラサラの砂浜。
砂の色、薄い茶色で細かい。
「相変わらずキレイな砂だよね。キビ砂糖みたい」ってダンナに言ったら、「龍角散だろ」って返ってきた。
・・もう龍角散にしか見えない。
 
Photo_7
渡口の浜。砂のきめ細かさ、写真じゃ伝わらないなぁ。
そして小さな橋でつながる隣の下地島へ。
ここの空港周辺の浅い海が大のお気に入り。
プロペラ機のタッチアンドゴー訓練も見れたらなあと思ったんだけど(伊良部大橋を渡るとき、上空を旋回してるの見えてた)、ちょっと着くのが遅かった。残念。
波消しブロックに腰掛けて、広く浅くキレイな海を眺める。
ううう、水着持ってくるべきだった!泳ぎたい~。
やっぱりここ、好きな場所だわ。
 
Photo_8
浮かびたいっ!訓練中は、奥の桟橋に沿って飛行機の離発着が見られて絶景。
***すむばり食堂***
 
伊良部&下地島から宮古島に戻り、今度は池間島方面へ宮古島へ北上。
お目当ては、雪塩工場の近くにある老舗食堂の「すむばり食堂」。
昔から観光客がひっきりなしに訪れる店だけど、お昼のピーク時を過ぎていたから待たずに入れて良かった。
ここの「たこすみ」焼きそばが大好きなので。
いかすみ同様、食べた後はお歯黒状態だけど、唇のティッシュオフ&歯もさんぴん茶うがいでなんとかなるカンジ。
美味しかった。やっぱり宮古島に来たら必ず寄ってしまうよね。
Photo_9
Photo_10
たこすみ焼きそばheart01
 
***海工房***
 
宮古島の中心街、平良に昔からあるアクセサリー屋さん。
サメの歯や貝などを使って作られたアクセサリーがとても素敵で、行く度にお気に入りデザインを見つけては、東京に帰っても休日にヘビロテして使っていた。
しかし長年にわたり使い続けたから、どれも革紐がボロボロに。
ここに一式持って行って、革紐の交換をお願いするのも今回の宮古島訪問の楽しみの一つでありました。
行ってみたら、平良の街の開発されっぷりにびっくり!
海工房も、拡張された通りでお洒落ブティックのようなたたずまいに変身しておりました。
でも若いご主人の話しやすいカンジは全く変わってなくて、「こんなに使ってもらって嬉しいです」って預かってくれました。
新しい革紐を選んで買うのも楽しかった。
お気に入りのアクセサリーが新品のように生まれ変わって、嬉しい。
長く続いて欲しいお店のひとつ。
Photo_17
手前3つ、革紐を交換してもらってリフレッシュしたアクセサリー。またヘビロテするよ!
 
***古謝そば***
 
ここも宮古に来たら必ず寄る宮古そばの老舗。
元々地元の人や観光客で混んでいる店だったけど、2時過ぎに行ったのにリストには10組以上の待ち人数。
宮古島の、美味しいリピートしたいお店はもれなく食べログとかTripAdvisorとかで上位に上がって紹介されてるから、こういう観光客が増加しているシーズンには混雑がよりひどくなるんだろうなあ。
アジア系のグループもいっぱいいるし。
しかし並ぶことを考えてあまり空腹の状態で来なかったので、ちょうど良し。
臓物系の中味そば、美味しかった。ダンナもダシ汁の絶妙な味付けを絶賛。
Photo_11
国内だけでなくアジアからもたくさんの観光客が。
Photo_12
どの沖縄そば店でも、あれば頼む中身そば。美味し。
***宮古島は開発バブル?***
 
何の予定もたてずにホテルのプールでのんびりしていた日。
お昼過ぎて、なんかタコライスとかカレーとか、食べたいよねーって話をしていて「そうだ来間島のお洒落カフェに行ってみよう!」という話に。
昔から、宮古島と橋で結ばれた「池間島」と「来間島」には絶景をウリにしたお洒落なカフェやペンションが何件かあった。
ホテル目の前の前浜ビーチからも、左側に来間島大橋は見えており 平良の街中に出るよりずっと近い。
オープンテラスの洒落たカフェで美味しいカレーを堪能し、景色も楽しむ。
ここ、星空とかもキレイに見えるんだろうなぁー。
宮古島東急ホテルの屋上から見る星空もすごくて息を呑むレベルだけど。
 
Photo_13
Photo_14
ヤッカヤッカ、というカフェでした。美味しかった。
来間島を一周すると、素朴なビーチや集落、畑・・といった昔ながらの素朴な風景にホッとする。
道を飛び交う、羽がピンク色の大きなバッタ達、そういえば昔来た時も見たなあ。
ちょっと不安になりながら狭い道を進むと誰も居ないビーチに出る、とか 離島は思いがけない楽しみがいっぱいなんだよね。
しかしなんとなく島の一番奥に出たら、巨大な広さのスペースが整地されていてびっくり。
看板見たら、リゾートホテル建築の模様。こんなところにも大型リゾートができるのね。
Photo_15
離島でこんな道をかき分けて降りて行くと・・
Photo_16
こんなビーチに出たりするのよね。
 
来間大橋を渡って宮古島側に戻る。左手に見えるホテルと前浜ビーチ周辺の海がすごくキレイ!
なるほど、「東洋一」のビーチは、前浜からの眺めでなく海側からの眺めだったか。
そのまま、シギラなどのリゾートホテル乱立エリアに行ってみる。
ブリーズベイマリーナや同系のコンドミニアムなんかに泊まった事があって、何度か行った事ある道なんだけどすごく開発されて雰囲気変わってる。
そして、あちこちでホテル棟増設の工事が。
すごいな宮古島、ホテル建設ラッシュだな。
イムギャーマリンガーデンのあたりまで行ってみたけど、そこにも新しいホテルが建とうとしてた。
ホテルに限らず、平良の街の一等地にも、石垣や那覇で見かける民謡チェーンとかが増えてて開発ぶりにびっくりしたけど。
更に増えるんだろうなあ、観光客。
巨大資本だけじゃなく地元にもしっかりお金が落ちるようになるといいねえ。

« 20170428-0504 宮古島(&多良間島)/ 沖縄本島(&瀬長島)~②プレミアムサービスの快適さときたら! | トップページ | 20170428-0504 宮古島(&多良間島)/ 沖縄本島(&瀬長島)~④多良間島初上陸 »

2017 年GW宮古島旅行記」カテゴリの記事

旅行記」カテゴリの記事

沖縄」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 20170428-0504 宮古島(&多良間島)/ 沖縄本島(&瀬長島)~②プレミアムサービスの快適さときたら! | トップページ | 20170428-0504 宮古島(&多良間島)/ 沖縄本島(&瀬長島)~④多良間島初上陸 »

最近のトラックバック

最近のコメント

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31